製品情報

トップページ > 製品情報検索 > デカボックス

3分割ボックスカルバート/デカボックス

 大型断面のボックスカルバート『デカボックス』は、工場で分割製造された部材
を現場で組み立てる多分割のボックスカルバートです。
 従来は現場打ちで対応していた大断面のカルバートを工期短縮・施工方法・経済性
など多様なニーズにお応えしながらプレキャスト化した大型ボックスカルバートです。

概要

デカボックスは、工場製作の側壁ウォールと頂版スラブを現場に搬入組立てた後、底版(インバート)に現場打ちコンクリート
を施し大断面のカルバートを構築、工期短縮・施工方法・経済性など多様なニーズにお応えします。

デカボックスのカタログ資料はこちらから。特別会員の方がご利用できます。
道路アンダーパス 愛媛県
橋梁工事 岡山県

特徴

1. 大断面に対応
 信頼性の高いプレキャスト部材連結結合方法の採用で、最大内幅11.0mまでのプレキャスト化が可能です。
2. 梁下の空間確保に有利な構造
 頂版スラブは、PRC構造を採用することで軽量化を図っています。
3. 確立された工法技術採用で、信頼性の高い構造
 頂版スラブと側壁ウォールの連結結合は、PC鋼棒を使用することで剛性の高い物となっています。
 また、底版(インバート)の現場打ちコンクリート打ち継ぎには、信頼性の高い鉄筋機械式継手を採用しています。
4. 工期短縮・コスト削減及び交通規制緩和に役立つ
 プレキャスト部材の採用で現場作業の軽減・工期短縮が可能で、水替え期間や交通規制などの経費節減が図れます。
 また、施工現場の建設廃材削減、掘削土量が少なく建設残土及び騒音・CO2排出量の削減など工事公害の低減が図れます。

用途・適用範囲

1. 用途
 ●道路・下水関係
  道路及び歩道拡幅、道路横断暗渠
  道路アンダ-パス、地下道路等のトンネル部材
  下水道、共同溝、地下横断歩道
  短スパン橋梁幅員拡幅、橋梁代替、橋梁補強
 ●河川・水路関係
  河川堤防の樋管
  用排水路等の暗渠

2. 適用範囲
 現場の使用条件に応じて設計、製作します。

形状及び寸法

■組合せ形状図


■部材連結結合
頂版スラブ・側壁ウォール連結結合概要図
■部材連結結合
スプライススリーブによる連結結合概要図

規格寸法

■底版打ち継ぎ部概要
 場所打ちコンクリート打ち継ぎ部概要図

施工概要

■組合せ形状図
デカボックスの施工にあたっては、下図に示す施工順序を把握し、他の関連工事、既設の地下埋設物、環境保全対策等をよく検討し、安全かつ円滑な施工を行ってください。
注) 施工フローチャートは標準的な一例で、現場条件および構造・形式によって異なります。
網掛け部分は、標準歩掛対応部分です。

施工手順

標準敷地歩掛

■組合せ形状図
 側壁ウォール設置本数
  ns = 28.619・e-0.0513・V
   V : 側壁ウォール輪郭体積
   V=H1×B1×L1 (m3)
●頂版スラブ設置及び剛接・縦締工
 頂版スラブ設置本数
  nt = 24.939・Aw-0.1527
   Aw : 面質量(t・㎡)
   Aw=Bo×L1×部材質量(t)
●諸雑費
1.歩掛りは、3部材のブロックで構成するボックスカルバートの据付とPC鋼材による剛接組立て及び縦方向連結歩掛りです。剛接・縦方向連結とは、PC鋼材の組立て、挿入、緊張からPCグラウト注入、PC定着部防護等までの一連の作業とします。
尚、トラッククレーンは賃料とします。また、掘削、基礎(コンクリート、砕石)、埋戻しは含んでいません。
2.敷きモルタル、ジョイントパッキン、PC鋼材、定着金具、グラウト材は、別途必要量を計上してください。
3.弾性シーリング目地費用は、必要に応じて別途計上してください。
4.諸雑費は、レバーブロック、油圧ジャッキ(ポンプを含む)、グラウトポンプ・ミキサーの損料等の費用であり、労務費・トラッククレーン・高所作業車の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として、計上して下さい。
5.上記の歩掛りは、直線部の標準歩掛りであり現場条件による作業の難易度及び曲線部施工については、別途割増となります。
6.ボックスカルバートの荷降ろし費用は別途計上します。

直接工事積算例

3分割ボックスカルバート/デカボックス の施工事例

岡山県岡山市南区西畦

県道岡山児島線拡幅工事に伴う道路横断水路として採用
工事年度 H22~23年度
工事名 県道岡山児島線
施主 岡山県備前県民局
所在地 岡山県岡山市南区西畦
リンク利用規約個人情報保護方針
pagetop