製品情報

トップページ > 製品情報検索 > PlusStop緑石(バス停専用)

Bus Barrierless Curb/PlusStop緑石(バス停専用)

バスが停留所に寄せやすいように開発された特殊な縁石です。

概要

PlusStop縁石(正着誘導石)「特許出願中」
 
 バスが停留所に寄せやすいように開発された特殊な縁石です。タイヤを擦り付けるように停車させることで、バスと停留所との隙間をなくし、誰でも安全・快適に乗降することが可能になります。
 正着による乗降容易性の向上は、バス交通の定時性や速達性にも貢献します。

※正着 
バスをバス停に対して、並行に隙間なく停車すること

PlusStop縁石はJTPA(公益社団法人日本交通計画協会)と共同開発し取り組んでいるものです。

特徴

側面のカーブ
斜度のついた側面がスムーズに正着を誘導しながら、タイヤサイドの摩耗を軽減する効果があります。側面から底面に向かって曲面を描いており、タイヤトレッド部損傷の心配もありません。
小段の役割
外開きの小型ノンステップバスにも対応できるよう、傾斜面に小段を設けています。扉が収まるスペースを確保し、車体の接触を回避します。
微振動の発生
タイヤトレッド部が接触する縁石底面部には、連続的な凹凸を設けています。突起上を走行すると、微振動がドライバーへ伝わり正着を認識することができます。
滑り止め
天端には偏芯円錐台の突起を備えており、雨や雪で濡れている場合でもスリップ防止効果を発揮し安全に降車できます。

実証実験による効果の確認

形状及び寸法

施工

バス停全景
バス停車状況
停留所とバス乗降部の離隔状況

効果・検証

Bus Barrierless Curb/PlusStop緑石(バス停専用) の施工事例

岡山県岡山市東区西大寺南 東区役所前

利用者の多い『岡山市東区役所』ですが、バス停留所がなかったため整備。その際、高齢者や車いす利用者、ベビーカー利用者がスムーズに乗降しやすくなる様、バスが停留所に寄せやすい構造のバス停PlusStop縁石を使用しバリアフリー化を行った。
工事年度 平成30年度
工事名 東区役所前バス停留所整備工事
施工規模 バス停PlusStop縁石区間:18m
整備前
整備後  バス進入側から観た風景
天端は滑止構造により乗降者のスリップ防止を図る
整備後

岡山県岡山市北区 後楽園前

利用者が多い観光地『岡山後楽園』の前のバス停の利便性向上と安全の確保を目的に整備。バス利用者が乗降しやすくなる様にバス停PlusStop縁石を使用しバリアフリー化を行った。
工事年度 平成30年度
工事名 市道後楽園原尾島線
施工規模 バス停PlusStop縁石区間:12m
整備前はバス停が道路曲部傾斜部にあり、交通の妨げになっていた。
整備中  『スラッと側溝』で道路表面排水を処理
整備後
整備後の全体風景
リンク利用規約個人情報保護方針
pagetop