製品情報

トップページ > 製品情報検索 > 門型カルバート

門型カルバート/門型カルバート

 プレキャストの『門型カルバート』は、跨ぐ、かぶせるの感覚で敷設が可能、水替えや
仮設物が殆ど不要で既存水路の維持も可能です。

概要

跨ぐ、かぶせるの感覚で敷設が可能、水替えや仮設物が殆ど不要で既存水路の維持も可能です。

 門型カルバートは据付が簡単で容易に行うことができ、基礎も床版(ベタ)基礎、支点(布)基礎と状況に応じて選択できます。
 また、動水勾配が必要な時は、あと施工のインバートコンクリートで自由に勾配を付けることができます。
 コ形のオーバーハング張出として歩道拡幅などにも活用が可能です。

門型カルバートのカタログ資料はこちらから。特別会員の方がご利用できます。) 

使用例

道路改良(上流方向)
道路改良(下流方向)

特徴

1. 動水勾配が適切に設計できる
 通常のボックスカルバートでは面倒な水路勾配や底版形状を自由に構築できます。
2. 使用環境に応じた基礎構造
 底版基礎部は、3種類の構造から現場の状況に応じて選択可能です。
3. 安心設計
 許容土被りの表は、通常のボックスカルバートと同じT-25荷重を考慮しております。
4. 工期短縮・コスト削減及び交通規制の緩和・早期解放
 プレキャスト部材の採用で現場作業の軽減・工期短縮が可能で、水替え期間や交通規制などの経費節減が期待出来ます。
5. 工事公害の低減
 ボックスカルバートに比べ門形構造のため、掘削土量が少なく建設残土など建設廃材排出削減、騒音・CO2排出量の削減など工事公害の低減が図れます。

用途・適用範囲

1. 用途
 ● 道路・下水関係
  道路及び歩道拡幅、道路横断暗渠
  下水道、共同溝、地下横断歩道
 ● 水路関係
  用排水路等の暗渠、勾配可変暗渠、階段落差暗渠

2. 適用範囲
 ● 活荷重
  T-25

基礎構造

基礎構造は以下の3種から選択可能です。それぞれの特徴と現場の状況に応じて選択します。
1. 床版基礎構造

 底版基礎部受ける単純梁として設計することで、地盤反力を小さく抑える事ができます。
 製品は、支点をヒンジとする門形構造として解析します。
2.支点基礎構造(インバート有り)

 支点基礎で反力を受けるため、比較的地盤反力が大きくなります。
 インバートを打設することで、水路勾配を自由に構築できます。
 製品は、支点をヒンジとする門形構造として解析します。
3. 支点基礎構造(インバート無し)

 支点基礎で反力を受けるため、比較的地盤反力が大きくなります。
 製品は、支点を自由端とする門形構造として解析します。
 老朽構造物等に被せることも可能な自由度の高い構造です。

注) 支点を自由端とすると、製品への負担が増加し、
   同一規格であっても鉄筋量の違いにより製品価格が変わります。
   また、規格や土被りによって対応できない場合があります。

形状及び寸法

下記規格表はあくまで参考寸法であり、耐震設計など検討条件により基礎形状、断面厚は変わる可能性があります。
900~1100
1200~1300
1400~1700
1800~1900
2000~2200
2300
2400~2600
2700
2800~3000

標準据付歩掛

■機種の選定
使用する機械の機種・規格は、次表を標準とします。
●機種・規格  






●歩掛区分
●据付歩掛表

門型カルバート/門型カルバート の施工事例

山口県柳井市日積

 山口県東部地域,農地再編整備事業の一環として門型カルバートを施工致しました。
 当工事現場は河川を横断する床版橋の架け替えが目的です。
 門型カルバートで施工する事でのメリットとしては、既設護岸を撤去する事なく、また水替えの必要もなく工事ができ、渇水期に関係なく通年施工が可能な点が挙げられます。また、河川環境に与える影響も最小限に抑えられます。
 当現場では据付は基礎工完了後に行い、製品同士ボルト連結を行うだけというスムーズな施工で終えることができた。(据付は実稼動0.5日でした)
工事年度 平成26年1月
工事名 南周防農地整備事業 中山地区区画整理工事
施工規模 L=5.0m
門型カルバート B9500XH1800
工事完了
据付状況
敷設状況

ダウンロード

関連製品

基礎コンクリートにレール(形鋼材)を埋設し、鋼球を介した上にコンクリート二次製品を配置。そのコンクリート二次製品を牽引等で順次、滑走させ移動し布設する工法です。
リンク利用規約個人情報保護方針
pagetop