製品情報

トップページ > 製品情報検索 > スタックウォールV

大型ブロック積み擁壁/スタックウォールV

スタックウォールVは、箱形のブロックを積み上げる大型ブロック積み擁壁です。壁体前面勾配は垂直から任意勾配まで対応でき、空積みや練り積みの対応も可能です。

特徴


1. 直立壁(重力式)からもたれ式擁壁(勾配積み)に対応

スタックウォールVは、前壁を直型としたブロックです。直壁から勾配積みに対応できます。
もたれ式擁壁とする場合は、専用の勾配調整ブロック、若しくは現場打ち基礎で勾配調整行い勾配積みを行います。





2. 自然の復元に配慮した環境に優しい擁壁

空積み(中詰を現地土、栗石による早期開放)・半練積み・練積みタイプと重力・もたれ式は勿論のこと、ブロックの内部には栗石や砕石等を充填すると適度の空間が形成され、草木の繁茂や昆虫たちなど環境に優しい擁壁を提供します。


3. 勾配積み施工も簡単

ブロックを2点吊りすれば、約4分の勾配に自然に傾く様に吊り位置を決めており、据付け位置はブロック間の噛合せがガイドになります。このため、勾配積みでもスピーディーな施工が可能です。水平吊りも簡単に出来ます直立壁の構築や製品集積時の移動でご使用下さい。





4. 便利な勾配調整ブロック
スタックウォールVの勾配調整ブロックは、3分用、4分用、5分用があります。
勾配調整ブロックを使用することで、従来の勾配に合わせた台形基礎に比べて、基礎コンクリートのボリュームを軽減できます。

注)勾配調整ブロックは、基礎コンクリートとのなじみを良くするために底版コンクリートを所定量以上打設することを標準とします。

5. 工事公害の低減

中空部に大量の現地発生土を中詰めすることができますので、残土処理が困難な現場等に好適です。
また、現地発生土を使用することが出来るため、建設残土の減少及び工期短縮による工事関係車両の減少比率で工事公害の低減が期待できます。

用途

道路工事、宅地造成などの土留工、斜面保護工
河川、水路、ダム、海岸沿いの護岸工
治山、砂防の土留工、埋設工、法止
急傾斜地、地すべりなどの崩壊対策工
その他、自然環境保護施設関連

形状及び寸法

施工(例:半練積)



勾配調節ブロック使用                              現場打ち基礎

※空積みの場合は、底版コンクリートを必ず打設して
※2500以上は、現場打ち基礎が大変大型になります。
 設計図書に従った基礎を打設して下さい。

標準据付歩掛

(適用)メーカー歩掛
(注) 水抜きパイプ(水抜孔用吸出防止材を含む)を設置した場合の材料費を含む。
(適用) 平成22年度国土交通省土木工事積算基準、胴込・裏込コンクリート工 10㎥ 当り単価表
(適用) 平成22年度国土交通省土木工事積算基準、胴込・裏込材工 10㎥ 当り単価表
(適用) 平成22年度国土交通省土木工事積算基準マニュアル、鉄筋工 1t 当り単価表
練積み擁壁
半練積み擁壁

施工事例

1段目ブロックの据付け
中詰め材・胴込め材の施工
2段目ブロックの据付け
繰り返し施工
据付け状況

大型ブロック積み擁壁/スタックウォールV の施工事例

広島市安芸区

壁高約8mの切土部擁壁の構築。
掘削量の低減と経済性によりスタックウォールをご採用頂きました。
工事年度 H23年
工事名 東広島バイパス中野他改良工事
施工規模 400m2
施主 広島国道事務所

山口県周南市須万

国道434号の付替道路にて採用。スタックウォール上部にはテールアルメが構築されている。
工事年度

岡山県玉野市長尾

二級河川 鴨川の河川改修工事で採用。
工事年度 H18年度
工事名 二級河川鴨川河川工事
呼び・規格 控1000タイプ

関連製品

1:0.5の勾配ブロックを擁壁の高さや外力に対応した最適な大きさの組合せができ、経済的な擁壁が構築できます。空積みや練り積みができ、カーブ対応も可能です。
キャッスルウォールは、地形に合せて自由に積み上げる事が出来る可とう性のある擁壁です。
リンク利用規約個人情報保護方針
pagetop