製品情報

トップページ > 製品情報検索 > 樋門ボックスカルバート

ボックスカルバート/樋門ボックスカルバート

 プレキャストの『樋門ボックスカルバート』は、現場作業の省力化が図れ、工期短縮・
コスト縮減を可能としました。
 (柔構造樋門設計の手引き準拠)

概要

樋管部をプレキャストボックスカルバートで構築することにより、現場作業の省力化が図れ、工期短縮・コスト縮減を可能としました。
(柔構造樋門設計の手引き準拠)

樋門ボックスカルバートのカタログ資料はこちらから。特別会員の方がご利用できます。) 


樋門構造例




継ぎ手部構造
継ぎ手構造は、変形性能の大きな可とう継ぎ手タイプと地盤変形にフレキシブルに追随できるTSKJ工法及び弾性グラウトPC 緊張工法で信頼性の高い樋門構築が可能です。
可とう継ぎ手
弾性グラウトPC緊張工法
TSKJ工法

特徴

1. 耐震性、不同沈下、軟弱地盤対策等の現場条件に対して最適な構造を提供できます。
2. 可とう継手の場合、工場で一体成形いたしますので、面倒な現場作業がなくなります。
3. 施工は単純作業で熟練工を必要とせず、大幅な工期短縮が可能です。
4. 施工の省力化と仮設工事が少ないため、コスト縮減が可能です。
5. 現場でのコンクリート打設、可とう部の加工が不要で、廃棄物や騒音の発生を抑制できます。 

用途

柔構造樋門・伏せ越し等に最適

形状及び寸法(例)

          標準断面図
※ 樋門ボックスは、使用条件など現場の状況に応じて設計、製作致します。
営業担当者までご連絡下さい。

使用例

TSKJ工法
可とう継ぎ手タイプ
弾性グラウトPC緊張工法

ボックスカルバート/樋門ボックスカルバート の施工事例

愛媛県松山市北条長沢川

樋門函体にTSKJ工法を用いた2連ボックスカルバートが採用され施工をさせて頂きました。
プレキャスト樋門の構造は、函体スパン割により継手を設け、複数の函渠ブロックを函軸方向にプレストレス導入して接合する事が多いが、今回は、カルバート接合部にTSKJ工法(KK-980097-A)が採用となり、フレキシブルで可とう性に富んだ柔構造の樋門が完成しました。
据付は、通常のクレーン作業が困難なためレールと鋼球を用いた搬送設置工法、マルチスライド工法(CB-060014-A)によって製品を横引きして据付しました。
工事年度 平成25年4月24~26日

関連製品

可とう継手の『TSKJ工法』は、不同沈下や浮き上がりによる地盤変位に追従する可とう性を有しており、また大きな地盤変位が発生する地震時にもすぐれた耐震性を発揮します。
耐震対応型ボックスカルバート『可とうボックスカルバート』は、ボックスカルバートの耐震対策、柔構造耐震性管路の築造が容易にできます。
リンク利用規約個人情報保護方針
pagetop