製品情報

トップページ > 製品情報検索 > テラセル

ジオセル工法/テラセル

階段状に積むことで、間知ブロック積工の代替として非常に施工性が良い工法です。

概要

  国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)登録番号 No.KT-090023-VE
 
テラセルのカタログ資料はこちらから。特別会員の方がご利用できます。)  

テラセル擁壁工法

特 徴
・軽量でコンパクト。

・持ち運びが容易。

・簡単な施工方法。

・コンクリートを使用しない構造体。

・大幅な施工性改善により工期短縮。

・残土処理の削減が可能。

・壁面緑化が可能。
標準断面図 H=5m以下の場合

テラセル法面保護工法

特 徴
・コンクリート製品と比較して重量が軽いため、作業性に優れる。

・施工が簡単なため、専門技能工を必要としない。

・展開サイズが大きく、施工速度が速い。

・内部のセルがハニカム構造となり、盛土材の流出防止の役割を果たす。

テラセル路盤補強工法

テラセルの拘束効果により車両通行による集中荷重の分散を可能にした路盤安定システムです。
特 徴
・テラセルの中詰材拘束効果により、活荷重をセルと中詰材との摩擦により支持するとともに、車両通行による集中荷重を分散させ原地盤に作用する応力を軽減できる。

・わだち掘れが防止できる。

テラセルマットレス工法

擁壁や構造物の支持力強化・軟弱な地盤に擁壁や構造物を施工する支持力強化の新しい工法。
特 徴
・テラセルの中詰材拘束効果により、鉛直荷重をセルと中詰材との摩擦により支持し、軟弱地盤上に構築される構造物に対する支持力を改善できる。

・不同沈下の抑制

形状及び寸法

施工フロー(擁壁工法)

リンク利用規約個人情報保護方針
pagetop