製品情報

トップページ > 製品情報検索 > トンネル・エルウォーク

トンネル監視員通路用擁壁/トンネル・エルウォーク

トンネル監視員通路用擁壁のトンネル・エルウォークは、維持管理に従事する作業員の安全を確保する為に設置さるプレキャストの擁壁です。

概要

トンネル監視員通路用擁壁のトンネル・エルウォークは、維持管理に従事する作業員の安全を確保する為に設置さるプレキャスト擁壁です。
工期短縮、高品質、美しい仕上がりはもちろんのこと、底版は現場打設により構築されるため、現場打設の柔軟性も合わせ持っています。


国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS) 登録番号 No.KK-130009-A

特徴

排水性能
製品の端部には、排水溝が設けられており、ブロック間に水抜き孔が形成されるので、前面側への排水が可能になります。
従来の標準断面の場合背面水の排水は、一部に水抜き孔を設け導水溝により水を導き前面の水路に排水をしていましたが、トンネル・エルウォークはブロック間での排水が可能となり導水溝の構築が必要なくなりました。
工期短縮
従来は現場打ち鉄筋コンクリートで構築しているため工期が長くなっていましたが、プレキャスト化により同時施工、工程の組み合わせ等が可能になり工期短縮につながります。
さらに、導水溝を省略できるので更なる短縮が図れます。

施工性
底版は、突出部および底版鉄筋が配置されていて現場でコンクリートを打設することにより一体化しますので、鉄筋工、型枠工が省略でき省力化施工ができます。
背面側からコンクリート打設し、壁面下部に設けた孔から前面にもコンクリートが充填されるので前面、背面共に確実にコンクリートが充填されます。
(必要に応じバイブレーターを使用してください。)
製品重量は、714kg(H=1000 L=2000)と軽量で運搬効率、施工性に配慮しました。
構造
車両衝突荷重も考慮した設計(H=900:22kN/m H=1000:20kN/m)を行っており、背面の作業員や管路をしっかり防護します。
また底版の現場打設コンクリートにより製品同士が一体化になり頑丈な構造体となります。

豊富なバリエーション
消化栓用・非常電話用・非常駐車帯用等に対応が可能です。

施工

     標準断面図
     トンネル・エルウォーク 設置例

規格

●標準部
●消化栓部材
●消化栓・非常電話部材
●非常駐車帯部材

据付歩掛り

据付歩掛り (延長:10m当たり)
項目 規格 単位 数量
世話役   0.17
ブロック工   0.17
普通作業員   0, 5
バックホウ 2.9t吊り 0.17
諸雑費   7

トンネル監視員通路用擁壁/トンネル・エルウォーク の施工事例

阪神高速道路2号淀川左岸線

当初、現場打ちで工事計画されていましが、開通まで工期もなく他工種(設備関係)にも影響がでるため、同時施工が可能な『トンネルエルウォーク』を提案させて頂き、採用に至りました。
工事年度

関連製品

トンネル監査廊用側溝は上部に設けたスリット幅を十分に広くしており、高速道路、自動車専用道路のトンネル専用の側溝として使用していただけます。
エルドレインは、トンネル監視員通路の側壁部と円形水路を一体成形することで、大幅な工期短縮を可能にした、高速道路や自動車専用道路のトンネル監視員通路用L型ブロックです。
排水管路の高さ低減を可能にした側溝用矩形断面水路
リンク利用規約個人情報保護方針
pagetop